人間万事塞翁が馬

最近の記事

月別アーカイブ

院内紹介

人間万事塞翁が馬

2017.11.28

今年もコラムもこれを含め2回となりました。

今回も玄侑さんの著書「地蔵のこころ・日本人のちから」から抜粋させていただきました。

 

一つの出来事がめでたいかどうかなんていうことは、三つ四つ続いて何かが起こってみないと

わからない。そのこと自体にはめでたさも、逆にまがまがしさもないのです。めでたくしてしまうか、

そうじゃないものにしてしまうかは自分次第なのです。

一番、賢明なのは、何かが起こったときに、そこに吉凶をみないことです。吉凶をみないといいながら、

でも皆さん、おみくじを引くわけです。せっかく来たんだし、おみくじを引きたい。その気持ちも

わかりますが、その場合は凶をひいてしまったら、表面には凶が出てきたからには、内部ではもう

吉の兆しが起きていると思うんです。だいたい、底をうったと思うようにしてください。

その代わり、大吉なんて引いたら、もう落ち目が始まっている。そんなにいつまでも動かないものでは

ないでしょう。吉凶というのは常に変化しています。だから何が起こっても、吉凶の判断は保留にする。

交通事故に遭っても、がんを告知されても、です。出来事それ自体に吉凶はないと思ってください。

凶にするか、吉にするか。それは自分自身です

 

相田みつをさんも「しあわせはいつも自分のこころがきめる」と仰っています。

わたしもあと1年ほどで還暦を迎えますが、60年近く生きてきてようやく毀誉褒貶など気にしなく

自分の心に集中し、自分の魂を磨くことを第一に考えられるようになりました。

でも、とにかく人生は難しいです、なぜなら苦ばっかしですから・・

gototop西脇眼科
なかお眼科 兵庫県西脇市蒲江321-1 TEL.0795-25-2323