ゲバラの「思想」よりも「理想」から学ぶべきことが多い、と感じています

ゲバラの「思想」よりも「理想」から学ぶべきことが多い、と感じています

2022.01.10

エルネスト・ゲバラの社会主義思想と私の思想は違いますが、ゲバラの「理想」に共鳴を受け

20世紀で最も完璧な人物として尊敬しています。

「理想」を考察する前に、まずゲバラが「社会主義思想」にのめりこんでいくきっかけになった

マルクス=エンゲルスに関し、ゲバラが書き残した簡潔な伝記が残っており、まずそこを知っておこうと

最近、書籍を購入しました。

ゲバラにとって、カール・マルクスが一番重要で、軸となる存在であったことはよく知られており、

当然、マルクスの社会批判=資本主義批判がゲバラの根底にあったのは間違いなく、

当時、ラテンアメリカの国々がアメリカの帝国主義の支配下に置かれる危機にあったのを阻止することが

ゲバラの活動の発端になり、フィデル・カストロとの出会いがその「思想」を確定的にしたと

思われます。

ただ「理想家ゲバラ」に対し、「思想家=政治家カストロ」が当時のソ連と密になりかけたことが

きっかけでゲバラはカストロと決別しキューバを離れている。

つまり、その行動から、ゲバラは独裁的な計画経済を目指したのではないことが分かります。

もし、「思想」だけを追求するなら、安全に暮らせたキューバを離れる必要はなかったし、

ラテンアメリカに戻って、殺害されることもなかったと思う。

やはりゲバラは「思想」よりも「理想」を追求することを選択した。

つまり、弱者が苦しむ国家、とくにラテンアメリカの人々を救おうという「理想」のほうが

まさっていた人物であったことは間違いないとおもう。

 

全世界の国々の首長がゲバラのような「理想」の持主であれば、抑止力のための核武装も必要ないだろうし

超音速のミサイル配備も必要なく、その軍事費を社会保障に使えば、ゲバラの目指した

弱者を救える国家、世界になるのは自明の理である。

わたしは何も資本主義思想を批判するつもりはないが、今の日本の政治のリーダーはひどすぎる・・

ゲバラのような「理想」を求めるリーダーが日本に現れるのはいつになるのだろうか?

残念ながらアメリカの核の傘に頼っている間は無理でしょう‥

現在のオミクロン株の垂れ流しも米軍から持ち込まれたことは自明です。

アメリカに物言えないリーダーなので、厳格な入国検査、制限も要求できず、

マスクなしで飲み歩いている米軍人を見ても見ぬふり、

地元の住民の方は怒り心頭である、これだけ感染者が増えてしまってから

やっと数日前に、検疫の強化と軍人のマスク装着を米国にお願いした、、

とにかく対応が遅すぎるだよ!

このコロナ禍の2年、安部、菅、岸田、首長の名前は変わっても対応・対策は

全く変わっていない、学習能力がないんだろうか?

日本には優秀な官僚があまたいるんじゃないのか?

要するにゲバラのような、国民のためにという「理想」を持った政治家が

少ない、いや、いないんだろうね・・

昨今の温暖化による自然災害や地震の多発、ウイルスの人類への挑戦が増強している

現状に対し、今の政府、大丈夫なのだろうか?

不安は増すばかりである、、

ゲバラのような「理想」をもって、国民のために政治生命をかける人物が

現れて欲しいものである!

ゲバラの「理想」は、「20世紀で最も完璧で優れた人物である」と言わしめるだけの

価値のあるものであると、とくにこのコロナ禍において、つくづく想います、

長かった5連休最終日~

2022.01.3

長かった休みも終わり、やっと明日から仕事が出来ます~

私は基本、お一人様生活なので、家内の面会に行く以外は時間を持て余して

います

明日、銀行に提出する職員の給与計算資料も書き終わり、休日は雑用以外は

何もすることがありません、、

昔はよくテレビでドラマなどを見ていましたが、家内が病気になってからは、

ドラマも見る気がしなくなり、書籍も昔好きだった小説などのフィクションは読む気にも

ならず、もっぱら仏教書やノンフィクションしか受けつけなくなってしまいました、、

 

たぶん、認知症患者の家族を抱えている現実があると、小説のような非現実の世界に

入り込めないのだと愚考します

仏教書から得られる智慧を支えに、認知症患者の家族がいることを受け入れておれるのだと

おもいます

またエルネスト・ゲバラの書籍を読むことによって仕事への活力をいただいているような

気がします

 

とにかく現実を直視することから離れられないような精神状態になっているのだと

分析しています

恐らく、日本中、たくさんおられる認知症患者さんのご家族も同じ気持ちではないでしょうか?

家内が病気になってから、願掛けのつもりで断酒して今年で9年目になりますが、おそらく

酒飲んで一時的に現実逃避できても翌朝にはいつもの現実を直視しなければならないので

もう酒を飲むことはないとおもっています、、

ただ、昔からの趣味だった、二輪・四輪のガレージライフ、家内が入院・入所した当時は、

私も体調を崩し、乗る気にもならず全部売ってしまっていましたが、息子たちから

何か趣味を持った方がいいと勧められ、幸い家内の状態が落ち着てくれ、わたしの体調も

少し戻り、休みの日には主にバイクに乗り、その辺をぐるっと回るだけですが、気分転換には

なっています~

 

今日は比較的暖かく、KAWASAKIのZZR君とSUZUKIのGSX君に乗ってきました~

今年も仕事と家内の面会を中心に、たまにバイクライフも取り入れ、

何とかやっていこうかとおもっています

流石に体調万全とはいきませんが、倒れるまでは仕事に励みたいと考えています

明日から仕事開始です、今年も患者様やスタッフの皆さんには宜しくお願いいたします!

連休も4日目、そろそろ皆さんも休み疲れがでているのでは~

2022.01.2

私は、休みが長く続くと逆に疲れが出てきます・・

連休はせいぜい2連休で十分です~

元日は自宅で家内と一緒にお節が食べれました

今日は日曜日で面会日で、お昼ご飯に合わせて面会に行ってきました

正月早々からいつも通りの介護をして下さっている職員の方々に

頭が下がる思いです。感謝いたします。

 

この冬休み、エルネスト・ゲバラ氏の研究をさせてもらっていますが

ゲバラ氏の奥様が保管されていた写真の中で、私が一番好きな写真の中の1枚です

 

現在、社会主義国家はいくつかありますが、その指導者が将来

英雄と称えられることがあるでしょうか?

思想にこそ違いはありますが、私は苦しむ弱者のために闘ったゲバラ氏の

心に共感を覚えます

今の日本政治の腐敗ぶりを見ると、糞国家に思えて仕様がないです・・

思想は違えども、彼のような指導者になれるのは、

今の日本ではあの人しかいないと思う、、

なんでもないようなことが一番幸せかとおもいます~

2022.01.1

今年も宜しくお願い致します。

今年も例年通り、仏教のお話や、今研究している、尊敬する

エルネスト・チェ・ゲバラ氏のお話などを中心に書いていきたいと思っています。

 

コロナ増えておりますが、幸い、家内の外出許可が貰え、家族でお節を食べることが

出来ました。次男の奥さんが細かく刻んでくれ、家内も昨年の3倍は食べてくれました。

明らかにこの1年で元気になっています、また、話せる言葉数も増えており、

手厚い介護の賜物だと、施設の方々に感謝の気持ちでいっぱいです^^

私も久しぶりの自宅で、写真のクレバーに出会うのもの半年以上ぶりでしょうか。

2月で13歳になる超老犬のG・シェパードですが、耳が聞こえない以外は大変元気です。

流石に頭のいい子で私のこともよく覚えており、ケージ越しでしたがすり寄ってきて

腹をかいてくれという仕草をします、昔からの癖です。

家内が病気になる前に広島の警察犬訓練所に2回行って、家内が選んだ子で、

家内は自分の右腕で頼もしい、とほめちぎっていました、残念ながら家内にとって

私のランクはクレバーより下でした、、

今日も家内にクレバーを触らせてやりたかったのですが、前回、クレバーが嬉しさの余り、

家内の服を噛んで離さなくなってしまったので、今日は面会させませんでした。

今の施設は月に一度の外出義務がありますので次回戻った時に、離れたところから

家内をクレバーに合わせてやろうかと考えています。

 

施設の方が、今日はケーキを食べられて「美味しい!」と言われましたとか、

毎日のトイレ訓練のときにたまたまウンチが出来ましたとか、

一般の方にとって、こんな何でもないようなことが、認知症患者の家族の私にとっては

とても嬉しく感じます。

家内もクレバーも一日一日を普通に幸せに暮らしてくれれば私も幸せです^

今日は最高の元日でした、やはり施設の方々に感謝です!

今年も1年、何でもないような普通の日々が過ごせたら幸せかなとおもいます。

皆様には今年もどうか宜しくお願いいたします。

20世紀で最強で最もカッコいいツーショット!

2021.12.29

今年最後のコラムになりました。

1年間、私の拙文に目を通して下さったかたに感謝申し上げます。

昨日まで診察し、今日は午前中、職員のみんなが大掃除をしてくれ

今年の業務を終了しました。

1年間、弊医院に通院して下さった患者様、弊医院に関わって下さった業者様、

職員のみんなに感謝いたします。有難う御座いました。

 

8年間の安部政権、菅政権、現岸田政権

岸田総理にはコロナ、拉致問題を中心に頑張っていただきたいと思うが、

安部は歴代最悪の総理だとおもう、、

民主主義の悪い特権である多数決政治に物を言わせ、

すべての悪事を隠蔽してきた、、最悪極まりない!

これからの政治家、利権ばかりに目をくれずに真剣に自然問題に対峙していかないと

大変なことになりますよ。

コロナも、これまで自然破壊などを含め人類が自然界に対し好き勝手なことを

してきたことに対する自然界からの逆襲であることは自明なのですから、、

 

これからは、この2人のような政治家の登場を願いたいですね

社会主義であろうが、民主主義(資本主義)であろうが関係ない、

「政治家カストロ」に対し「理想家ゲバラ」の違いはあるが、2人とも

弱者が苦しむ世界を変えるために闘った賢者である。

日本も今のような総理大臣の路線が続くようなら危ないと思う、のは

私だけではないでしょう、、

私はいつも思っているが、原発やスマホは高効率や利便性を追求する最たるもので

あると解釈しているが、人類は一度こういったものから離れ、

日本ならいっぺん昭和に戻らないと、人類は滅亡する方向に進んで行っていまうような

気がしてならない・・

私が20世紀で一番カッコいいと思う、フィデルとチェのツーショット写真で

今年最後のコラムとさせていただきます。

来年がいい年でありますよう、祈念いたします!

有難う御座いました。

曹洞宗の雄、南直哉(じきさい)さんに再チャレンジしてみます!

2021.12.22

私は、ゴルフも酒もタバコもやらず、たまに二輪・四輪に乗るぐらいで

本当に無趣味の人間ですが、趣味の読書だけは何十年も続けています。

なかなか忙しいので寝る前に30分間だけの読書です。

フィクションにはあまり興味はなく、ここ15年ぐらいは仏教書が中心です。

真宗の釈さんもすきですが、やはり禅が好きです。

臨済宗の雄・玄侑さんは皆さんも、芥川賞作家としてご存じだとおもいますが、

我々特に私のような素人にも分かりやすい文体で、中に入って行きやすいですね。

もちろん中には、難解な書も書いておられますが、全体的に一般受けしやすい

書が多いです。

私は玄侑さんの書は全書持っており、すべて3~4回読んでおりますが、

曹洞宗の南直哉さんの書は以前、何冊か読みましたが、仏教哲学が難解で

素人の私には、敷居が高かった覚えがあります。南さんの書は1回しか読めておりません。

今回、もう一度、道元禅師の教えを基幹にした南さんの書にチャレンジしてみようと

2冊注文しました。

認知症で乳癌手術も受けている家内を介護している私の不安や、

家内や私の死に対する恐れに関し、参考になる書かもしれないし、

終活への導きも得られる書かもしれないと、

今から楽しみでしかたありません。

しっかり勉強したいとおもいます。

趣味の読書だけはこれからも続けていきたいと思っています。

昨今、若い人の活字離れが多いと聞いていますが、読書、特に仏教書から得られる

智慧は、生きて行く上において非常に貴重なものだと思っております。

最後に、賢僧の書かれた書は座右に置いておく価値はあると考えます。

 

 

 

亡くなった赤木さんの奥様の「ふざけんな!」

2021.12.16

この言葉が国民の総意を代表していると思います。

私はもう少し岸田総理に期待していましたが、またも裏切られました、、

やっぱり糞政府やね、、

森、加計、桜、赤木ファイル、すべて安部元総理は黒、

森友では、安部、麻生、佐川は黒、

こんなこと国民は全員分かっている、、

人の命は地球より重いはずいが、

お前らにとっては、人の命は1万円札より軽いんだろう、、

すべてが国会で安部が「私と家内が関係していたら総理大臣も国会議員も辞める!」

と啖呵を切ったことが発端なんだよ!

安部さんよ、あんたのせいで赤木さん自殺したんだよ、よくのうのうと生きてるな!

歴代総理の中で、安部さん、あんたが文句なしに最低だよ!

エルネスト・チェ・ゲバラの爪の垢でも煎じて飲んでおけ!!

エルネスト・チェ・ゲバラを想う~

2021.12.7

ゲバラは比較的リベラルな思想の持主であった裕福な両親の元に生まれている。

グアテマラに亡命していた女性活動家のイルダ・ガデアと出会い、共鳴し

社会主義に目覚め、急速にのめりこんでいく。

またカストロとの関係はあまりにも有名で、1964年の国連総会にキューバ主席として

出席し「全世界の民衆に支持を呼びかける叫びだ。特にソ連が率いる社会主義陣営の支持を。

その叫びとは、こうだーー”祖国か、死か!”」

社会主義思想の反米革命家、政治家と知られるゲバラであるが、元来は民主的な社会を理想とする

若者であったのではないかと、私は思っている。

医学部卒業後、南米をバイク旅行したことも有名な話であるが、ボリビア革命が進むボリビアを

旅した際に、それまで虐げられていたインディオが解放され、かってないほど自由な雰囲気が

漂っているのに大きな衝撃を受けたり、選挙によって成立したグアテマラのアルベンス政権は

それまで半農奴的な扱いを受けていた土地なし農民への農地分与など急進的な改革を進めていたが

アルベンス政権が軍部の裏切りによりCIAに後押しされた反抗勢力が政権を倒したが、

ゲバラは以前より「ラテンアメリカで最も自由で民主的な国」と評価していたグアテマラが崩壊したことが

直接的なきっかけとなり、ゲバラは武力によるラテンアメリカ革命を本気で志すようになっている。

私は、ゲバラは南米が自由で民主的な人民のための国であることを理想としたのではないかと

推察している。

 

たくさんあるゲバラの語録の中で私が一番好きなのが、

「国民に意思を伝えるためには、国民の一人となって感じなければならない。

国民の欲するもの、要求するもの、感じるものを知らなければならない。」

これをそっくりそのまま、今の日本の政府に投げかけたい!

もう一つ、1959年、私の生まれた年に訪日している。

広島の平和記念公園の中の原爆死没者慰霊碑に献花し、中国新聞の記者に問うている。

「なぜ日本人はアメリカに対して原爆投下の責任を問わないのか?」と。

アメリカ追従主義を暗に批判したのだが、本当にそうである。

アメリカに忖度を続けてきたことが、今の日本の惨状に繋がっている。

原発しかり、SNSしかり、アメリカが得意な合理主義、利便性、高効率ばかり

追求してきたため、こんな日本になってしまっている。

 

今はまだいい、もし世界の盟主がアメリカから中国に変わったとき日本はどうするのだろうか?

今こそ、ゲバラが目指した思想、考えに戻るときではないのだろうか?

ゲバラは「すべて国民のために」であった。

これからの政治にたいせつなのは、 これに尽きると思う!

新潟の県議と国会議員のバトル~なんだあれ?情けなさ過ぎます、、

日本の政治はここまで落ちぶれてしまっているのか、、

ゲバラが泣いている・・

 

c.f. :ビートルズのジョン・レノンはチェのことを「世界一カッコいい男」と称え、

哲学者ジャン・ポール・サルトルに「20世紀で最も完璧な人間」とまで言わしめている・・

c.f.2:我が家もチェとの関連が少しあります、今だから笑い話で話せますが当時は本当に頭を悩ませました、

長男が大学受験しているとき、高校が岡山の高校だったので、岡山県から自治医科大学を2年連続受験し、

2年とも学科試験は優秀な成績で面接まで進めたのに、長男曰く「面接で尊敬する人物を聞かれ、チェ・ゲバラと答えた!」

と言ってました。昔、学生紛争,闘争があったので大学側は、革命家の名前を挙げるのは嫌うのではないかと愚考しましたが、

今となっては、よくぞ言ったなと、嬉しく思っています。その後、長男は面接嫌いになり、面接がなくセンター利用だけで合格できる大学で学んでいました~

里親様になってくれる人はいませんか?お願いします!

2021.11.24

東日本大震災の翌年、福島から老柴のフクちゃんを預かって以来、福島で

居場所のなくなった犬、猫たちの後方支援をわずかですが続けさせて頂いています。

「さいごまで家族の会」代表の通称イヌ耳さんからのお願いです。

下写真の子は殺処分になる前にイヌ耳さんが連れだして下さったエーイチ君です。

(保健所ではトンボと呼ばれてたらしいですが、どこにでも飛んで行ってしまえみたいな

ニュアンスがあるので、渋沢栄一からとってエーイチ君に改名されたそうです)

私が預かったフクちゃんも福島の保健所で殺処分になる寸前にイヌ耳さんが連れだして

雪の上にたたずむフクちゃんの姿がなんとももの悲しく、私はすぐに預かることにしました。

仙台空港から伊丹空港まで空輸でやってきました。

また、熊本地震のあと、天草保健所で殺処分予定になっていたパズー君も

空輸で引き取りました。

ただ、私はこの2匹には、本当に命を繋ぐ最低限のことしかしてやれず、

今では、あの時もっとこうしてやればよかった、もっと散歩させてあげればよかった

と後悔ばかりです。またちょうど時を同じくして、家内が認知症を発症し、

なかなか動物たちに構ってやれなかったのも事実です。

また、フクちゃんが来た頃、私の院長室の前に夕食時になるといつもやってくる野良猫がいまして

それがずっと続きますので、とうとう飼ってしまいました。それが今のチャコです。

ただ、チャコ1匹だけでしたらよかったのですが、飼ってから2か月ほどしたら、お腹が大きくなってき

妊娠してたことが判明し、5匹の子供を産みました。そのうちクロネコのキリ君は里親様に

もらっていただき、残りの4匹は現在9歳になり、チャコとあとこれも野良猫だったフォースの

計6匹を現在飼っています。

 

また、家内も多頭飼いでしたが、現在残っているのがシェパードのクレバーとチワワの文太だけです。

クレバーは来年2月で13歳になりますが、短命のシェパードとしてはかなりの長生きです、家内の分まで

生きてくれているのかもしれません、、

この子たちは現在次男が世話をしてくれており、私は猫6匹だけの世話をしております。

しかし、猫の寿命は長く、この子たちが生きている間は私も死ねないなと思っております。

私があと10歳若かったら、このエーイチ君を飼ってあげたいと思いますが、

私の年齢を考えますと、責任が持てない気がします。

それに、いままで引き取ったフクちゃんとパズー君も最低限のことしかしてやれず、

本当に命を繋いで上げてただけです、これで幸せだったのだろうかと葛藤することも

しばしばありました、、

フクちゃんは老衰でしたが、パズー君は膵臓の病気で何回か入院もさせましたが

ついに助けてあげることが出来ず、亡くなりました。まだそれほどの歳ではなかったし

すごく優しい子でしたので、この子が亡くなった時は本当に泣けました、、

あと、虐待され野良犬になっていたカオちゃんを連れて帰ってきたのが家内です。

このカオちゃんも、最後は家内と同じ認知症になり、昨年亡くなりました。

この子は針金のようなもので鼻と口を縛られ一生傷が残って痛々しかったです、たぶん

吠えないようにと元の飼い主が縛ったのでしょう、ですから私と一緒に暮らしても

一度もカオちゃんの声を聞いたことはありませんでした、声を出すことがトラウマに

なっていたのでしょう、、

この子もすごくいい子で、亡くなった後はなかなかわたしも立ち直れませんでした。

 

このエーイチ君のつぶらな瞳を見ていますと何とかしてあげたいのはやまやまなのですが

今までの子たちを十分、幸せにしてあげれなかったことを鑑みると、ちょっと無理かと

思います。

ただ、心の中で家内に問いかけてみました。すると家内は、

「車やバイクに乗る暇があったら、この子を助けてあげられ!」と岡山弁で言うような

きがします。

家内の病気や私の年齢を考えると、この子を幸せにしてあげる自信はやはりない、というのが

正直なところでしょうか、、

面倒を見てあげる時間は十分あるのですが、最低限の命を繋ぐことしかしてあげれない

気がします、、

幸せにしてあげれる人がおられましたら、是非、お願いいたします!

犬、猫たちは本当にさいごまで家族ですよ!

人間は簡単に人間を裏切りますが、動物たちは最後まで飼ってくれた主人に

恩義を持っていますよ!

宜しくお願いいたします!

歳とともにいい枯れ方をしていきたいものです~

2021.11.19

50代までは、体調面や頭の調子は、まだ右肩上がりとの思考で動いておりましたが

60代になると、良くて平行線、まあ右肩下がりが一般的だと思うように

なってきましたね、、

私は開業するまではゴルフが好きで年間アベレージ80台で回った年もありましたが

開業すると土曜日も勤務で日曜日にゴルフをすると全く家族といる時間がなくなりますので

開業と同時にゴルフを止め、家内の病気を機に断酒し、もうかれこれ8年以上一滴も酒を

飲んでいません、いわゆる願掛けのための断酒です。ついでに好きだったタバコも止めました。

葉巻にはまった時期もありました。

断酒したからといって家内の寿命が延びる訳ではありませんが、何もしてやることが

できない私が出来ることはこの程度のことです。

また、50代で車道楽をしてしまいましたが、60を過ぎ、車道楽は卒業し、

気に入った車を少し残すのみとなりました。

趣味と言う趣味がなくなった今は、二輪に時々乗っています。

学生時代にはGSX400Eという2発のDOHC車に乗っていましたね。

今はハーリー・デイヴィッスンがメインですが、この20年前のKAWASAKI車も

昔憧れていた二輪でして、完全オーバーホールしてたまに乗っています。

キャブサウンドが気持ちいいですね。

 

ゴルフも酒もタバコもやめ、そのうち四輪も二輪もやめ、

歳相応にいい枯れ方をして、田舎で畑で野菜でも栽培できれば

幸いかなとおもったりもします、家内が元気であれば二人で

畑を作るなんて最高なんですが、それは叶わぬ夢となってしまいましたが、、

いい枯れ方とは煩悩(我欲)を減らし、利自よりも利他の境地に

達することではないかと愚考しております。

人間、なかなか我欲を捨て去ることは難しいことでありますが

利他の精神が我欲を追い越した時、初めて人として枯れることが出来た、と

言えるのではないでしょうか?

二輪に執着がある間はまだまだ無理でしょうが、

いつかは、歳相応に枯れていきたいものです。

現在は少しでも煩悩を減らそうと、毎日のお経と読書(特に仏教書)を

欠かさず生活しております。

いつかは知足利他の境地に達したいと思っておりますが、

なかなか煩悩が邪魔をして、まだまだといった状況です。

たぶん、「知足利他」を実感できるのは死ぬ瞬間だけなのかもしれませんね、、

今は、バイクも少し乗りますが、毎日のお経と読書は欠かさないよう

努力いたします!

gototop西脇眼科
なかお眼科 兵庫県西脇市蒲江321-1 TEL.0795-25-2323