老いによる喪失は、逃れようのない自然

老いによる喪失は、逃れようのない自然

2016.06.30

今月も我が玄侑さんの著「ないがままで生きる」より抜粋させていtだきました。

 

禅宗では修行者の指導に当たる人々を「老師」と呼ぶ。なかには二十代、三十代からそう

呼ばれる人もいるが、とにかく免許皆伝になれば、皆「老師」である。

なにゆえここに「老」という文字を使うのか、考えてみよう。

仏教は人生上の苦しみを、「生・老・病・死」と分類した。生まれること、老いること

病むこと、死ぬことである。

一方、人だけでないあらゆる物の発生から死滅までの変化は、「成・住・壊・空」と

表現される。発生、継続、喪失、そして空っぽ、ということになるだろうか。

ところで「老」とは、後者の区分では「住」に当たり、生き続けている状態のことである。

生き続けていると、いろんなことが起こるわけだが、「老」は単独では意識しにくい。

昔から、老人の年齢規定は、五十五歳、六十歳、六十五歳と恣意的に変更されてきた。

つまり年齢そのもので「老」は定義できず、大抵は、「病」や「死」を垣間見ることで

ついでのように「老」が意識される。ある種の喪失体験として「老」は認識される、

と考えたほうがいいだろう。

 

目はかすむ 耳に蝉鳴く 歯は落ちる 雪を戴く 老の暮哉

 

ずいぶんひどい歌だが、事実だから仕方がない。

要するに人は、若い頃に獲得してきたものを「老」とともにどんどん喪失していく。

それは逃れようのない「自然」である。

gototop西脇眼科
なかお眼科 兵庫県西脇市蒲江321-1 TEL.0795-25-2323