国民総幸福量

最近の記事

月別アーカイブ

院内紹介

国民総幸福量

2013.06.22

これも、私の尊敬するお坊さんのお話を引用したものですが

 

市場原理が優先される国民総生産(GNP)ではなく、国民総幸福量(GNH)を掲げるブータンは

経済的には日本よりはるかに貧しい国である。ところが、来日した国王夫妻の清々しさ、所作の

美しさに胸をうたれた人は多かったはずである。

ブータンのようになれというわけではない。もういい加減、市場原理や集約化、システム化からは

離れ、日本独自の価値観を目指してもいいのではないだろうか。

 

さいごまで家族

2013.06.20

好きな言葉です。すばらしい言葉です。

 

今、福島で行き場のなくなった動物たち、保健所で殺処分が決まった子たちを救い出し

まず自宅で一時預かりをして里親様を捜す活動をされている方がおられます。

「さいごまで家族」の会。

人間だけに限らず、犬や猫たちも最後まで家族でいられることは本当に素晴らしいことです。

私も昨年12歳で亡くなったセント・バーナードの介護を約1年半やりましたが、私が犬の介護によって

犠牲を強いられているという思いは全くなく、介護が生活の一部になり、仕事とのメリハリがついて

すごく生き生きしていたように思います。亡くなったバーナードも、さいごまで家族でいられたと、きっと

思ってくれているとおもいます。

 

今、昨年福島よりやってきた老柴も同じような状況になってきていますが、逝くときに「さいごまで家族」でいられた

と思ってくれるように、大切に介護していきたいと思います。

これからも「さいごまで家族」の会を応援していきたいと考えております。

成り行き

2013.06.15

「成り行き任せ」といえば、自助努力をしない受け身の姿勢、とネガティブにうけとられがちだが

 

私の尊敬するお坊さんによると

「成り行き」とは、縁があって起こったことを虚心に受け止め、その流れに沿って無心に努力することである。

「成り行き」という名の舟に乗っているのが人生といえるかもしれない。しかし、ただ流されているという感覚ではない。

無常に変化する川の流れに乗り、舵を取り、棹さすのは自分。状況によっては「成り行き」をよく見て決然と意志的に動く必要もある。

どんな舟に乗るかも大きいが、乗っている舟の上でどう舵を取り、棹さすかによっても、自分と世界の在り方は変わるのだ。

天命

2013.06.13

陶淵明

「いささか化に乗じて以て尽くるに帰し

かの天命を楽しんでまたなんぞ疑わん」

 

どんな変化が来てもそれに乗っかり、その変化が尽きるにまかせよう。

そして、これが天命なんだと信じて疑わない。

 

相田みつを

「いいことはおかげさま、悪いことは身からでたさび」

無駄も大切!

2013.06.11

効率性や利便性を追求する市場原理社会では無駄は敵である。

無駄を省くために開発された発電方法が原発である。

しかし無駄を省いたために、大変なことになってしまった。

このまま原発を続けるならそのうち人類は滅亡するのではないか?

人間は一度、原点に戻ったほうがいいのではないか?

どうあがいても人間は自然の猛威には勝てないのだから・・。

大いに無駄を受け入れ、自然にまかせ揺らいでみるのもいいのではないか。

子どもたちを救おう!

2013.06.9

応援お願いします!

皆さん、こんな確率論を考えたことがありますか?

交通事故に遭遇する確率と宝くじで3億円が当たる確率。

皆さんは毎日の生活の中で、まず交通事故などに当たることはないと思っていらっしゃいますよね?

そうだと思います、が、宝くじで3億円当たる確率は交通事故の1/100以下なのですよ。

さらに収益金が何に役立てられているかは詳細不明です。福祉バス「宝くじ号」なんてほんの一部にすぎません。

ジャンボ宝くじ10枚=3000円で、下痢による脱水症状から子どもの命を守るORS(経口補水塩)428袋

あるいははしかの予防接種用ワクチン156回分にかわります。

私なら、宝くじに捨てるなら、ユニセフに募金します。

3億円=利己とは限りませんし、利他業を積み重ねることが巡り巡って利己になることもよくあるのですよ。

gototop西脇眼科
なかお眼科 兵庫県西脇市蒲江321-1 TEL.0795-25-2323