加齢黄斑変性

唯一入会している同窓会誌がとどきました~

2021.10.5

私は大学の同窓会も退会し、入局した科の同門会も退会し、

医師会、眼科医会も退会し、残っているのが高校の同窓会だけです。

先輩に桂米朝さんや俳優の藤岡琢也さん、デザイナーの高田賢三さんが

おられる、地方の進学校です。

とにかく、高校時代は夏休みも半分ぐらい登校した覚えがあり、

たぶん成績が悪く、落ちこぼれだったので補習授業を受けていたのだとおもいますが、、

かなり厳しい高校だったとの記憶があります。

今日の通信には、全国高等学校囲碁選抜大会女子個人戦で優勝された強者や、

私の1年下の方で同じ電車で通っていた方が神戸大学学長になられた記事が

載っていました。

立派に表街道を歩んでおられる方が多い中、恥ずかしくなるような生き方しか

出来ていないわたしですが、どういう訳か、この同窓会誌をいつも楽しみに

待っています~

おそらく、高校2年の時でしょうか、電車通学(当時は汽車)で下車してから

高校まで30分ぐらい徒歩通学するのですが、その駅の近くから自転車通学している

Sさんと言う女史がおられ、時々自転車の荷台に私の学生カバンを載せていただいて

一緒に学校までいったような覚えがあります~

丸顔の可愛らしい女史でしたが、下の名前は申し訳ありませんが覚えておりません、、

女性に全く縁のなかった私としては、信じられない出来事でしたが、

私の人生の中で珍しい事件として、高校時代のいい印象が残っているのでしょう^

ですから、唯一高校の同窓会だけは退会せずにいる、と分析しています・・

 

今後も、私には表街道は無理ですが、裏街道でもいいから、一所懸命、社会貢献に

励んでいきたいと思っております~

心の中で荘子先生に問いかけるといつも「それ、風流だね~」と返ってきます、、

2021.10.3

終活を考えるような年齢になってきました。

95歳になる親父も少しづつ弱ってきているのをみると

私も今後の老後を考えざるを得ません。

老後を考えるということは今までの生き様を振り返ることでもあります。

私の生き様はとてもいい生き様とは言えませんし、とうとう最後まで表街道を歩けなかった

人生でもあります。

座右に置いている書「荘子(そうじ)」の中の荘子(そうし)さんによく問いかけてみます。

周さん(荘子)は「中尾君、表街道じゃなくてもそれも風流だよ!」と言われました。

「周さん、最後ぐらいは真っ当な医者で終わりたいと思い、医師会に再入会をお願いしたが、

反対されてダメだったよ、、」と言ってみましたら、周さんは「それこそ風流だよ!」

ですって。周さんに風流といわれたら、私も得心します。

「周さん、うちの医院は私が立ち上げた一代の医院だけど、医者してる息子もあまり

継ぐつもりもないんだよ、だから、税理士先生と最終的にはM&Aになると相談してるんだよ」

周さんは「お約束事のように、必ずしも子供が継がなくたっていいんだよ。より風流だね!」

まあ、いいことも悪いことも周さんに相談すると、全部、風流だそうです~。

 

私も長生きしている親父よりもむしろ、56歳で亡くなったお袋に似ていますので

今後そんなに長生きはできないでしょうが、

生きている間、仕事している間は、「今」を大事に、真摯に今に向き合って、

患者様のために貢献していきたいと考えております。

これから遭遇するいろんなことも、周さんのように「風流」と捉えて、

前向きに進んでいきたい。

周さんの「風流」は「プラス思考で生きよ!」という教えだととらえています。

がんばっていきますので、宜しくお願いいたします。

別れ・・

2021.08.31

今日、20年6か月の間、当院で勤務していただいた職員の方が定年退職されました。

優秀な検査スタッフで、精度の高い検査をしていただき、患者様のために

多大な貢献をされたことを感謝しております。

やはり長年一緒に仕事してきた仲間が辞められることは寂しいことです、、

当院には、今日退職された方以外にも20年選手が4名、15年選手が1名、10年選手が1名

おられます。

これだけ長く一緒に仕事していますと、家族も同然です。

私も老いますが、職員たちも老います。一日でも長く、働いていただけるよう願っています。

別れがあれば、また新しい出会いもあります。

明日から、まず新人1名来られます。早く戦力になって頂けるよう願います。

 

最後に、今日退職された職員の方に感謝を申し上げ、

ご自愛をお祈りいたします。

長い間、有難う御座いました!

子は親の背中を見て育つと言うが・・

2021.08.15

私はいい背中を見せられなかったのでしょう、、

 

母親が認知症に加え乳癌の手術もしている状況ですので、長男に、こちらの病院に戻ってくれば

母親も心強いと思い、勧めましたが、全く聞く耳持たず、マイペースを貫いています。

知り合いの先生の子供さんたちが地元の病院に戻って活躍されているのを見ますと

少し寂しさを感じずにはおれません。

 

私が、いい背中を見せることが出来ておれば、状況は違ったかもしれませんが

医師会や眼科医会を自己都合で辞めるようなバカ父親の跡など継ぎたくないのは

ある意味自然なのかもしれませんね。

 

私は身体と頭が動く間は医療を通して社会貢献させて頂きたいと考えていますが

あまり遠い先のことを考えてもしんどいので、私は一日一日単位で一所懸命仕事させて

頂くことの積み重ねが、これからの私の集大成かと考えております。

 

子供には子供の考え、人生があります。

お約束事のように、親の医院を子供が継ぐという考えは、頭から消去して、

残された医者人生を一所懸命、全うしたいと思う所存であります。

 

このコロナ禍の中、皆様に幸あることを願うばかりです。

 

 

「喜働」という働き方~

2021.07.23

心の底から喜べないオリンピックが始まろうとしています。

私は今からでも中止すべきだとおもっています。

全国すべての都道府県で感染者はうなぎ上りで歯止めが効きません、、

オリンピックが終わる頃には、東京の感染者も恐らく3000人を越え、

再度の医療崩壊状態をきたすことが容易に推測できます。

個人的には、中止もしくは延期すべきではなかったでしょうか?

 

いつも税理でお世話になっています敏腕税理士のH先生には、税理のほか人生相談にも

乗って頂いております。

私の医者人生も終わりに近づいてきております。

身体と頭が動く間は仕事を続けていく覚悟ですが、

引退するまでの集大成として、H先生から教えていただいた「喜働」という言葉の

持つ意味を理解し、実践できるような職場環境造りを心掛けたいと考えています。

食べるためだけの手段である労働は「苦働」だそうです。

私も含め、職員みんなが、患者様のためにという気持ち、気概をもつことによって

患者様を介して社会貢献することが「喜働」ではないか、と私なりに解釈しています。

特に若い頃は、手術の件数ばかり気にしていた時代もありましたが、

歳とってきますと、手術の件数が大事なのではなく、手術により満足してくださる患者様の件数が

多いことが、価値あるものであることがわかります。

 

70歳ぐらいまでは現役で頑張りたいとおもっていますが、残された医者人生、

私も「喜働」できるよう努力したいですし、職員の皆さんにも「喜働」していただけるよう

最大限の努力を惜しまず実践していきたいです。

 

 

母の日やね~

2021.05.8

有難いことです。

診察時間の短い土曜日でしかも緊急事態宣言下にありながら

100人近い患者様に来ていただき、本当に感謝です。

医師会を退会した私のようなものを信頼して来て下さる患者様

一人一人をしっかり診察させていただけるよう努力しなければいけません。

60歳も過ぎると、金曜、土曜ぐらいになるとやはり疲れがたまってきますが

しんどいとは言っておれません、これからも患者様に満足していただける医療を

提供できるようがんばっていきたいです。

 

明日、ケーキを届けようと思っていましたが、たぶん明日はケーキ屋さんが混むと

思い、前倒しして、今日、仕事が終わってから、家内と施設の職員の皆さんに

10個ケーキを差し入れてきました。

母の日のささやかなプレゼントです。

家内が美味しいと思って食べてくれれば有難いです。

家内が一日一日を幸せに生きてくれれば、それだけでいいです。

禅語で頭の体操を~

2021.05.6

玄侑istのわたしですが、いままですべての玄侑さんの書は読み尽くした

とおもっていましたが、この書はまだ読んでおらず、すぐに購入しました。

玄侑さんの書は一回読めばすっーと頭に入ってくるものもあれば

3~4回読んでもなかなか理解できない難しい書も多くあります。

おそらく玄侑さんも素人向け、玄人向けと分かっていて書いておられるものと

想像します。

この書も、多くの禅語を、荘子やお釈迦様の考えを織り込みながら

玄侑さんなりの解釈を示しておられるようです。

腕に自信のある方は是非読んでいただきたい!

諸行無常を切に感じた一年でした~

2021.05.2

家内が若年型認知症を診断されたのが8年前です。その後、家内と二人三脚で頑張ろうと

介護してきましたが、流石に仕事との両立は難しく、気が付いたら私の体重が半年で13kgも

減っており、体調にも不調をきたすようになり、このままでは共倒れになると考え、

昨年5月にまず精神病院入院で治療をしていただき、9月から、小規模多機能ホームで

お世話になっております。精神病院入院中には看護師がコロナに感染し、家内らも全員PCR検査を

受け幸い全員陰性で胸を撫でおろしました。退院時には自力では歩けないぐらい衰弱しており

生命の危機を感じたほどでした。

その後の入所先で、本当に手厚い介護をしていただき、自力歩行もできるようになり、

自分でスプーンを持って食べることまでできるようになりました。

 

家内が近くに戻ってきてくれて、状態もかなり良くなってくるにつれ、わたしの体調も

だいぶ良くなってきました。

家内の認知症発症と時を同じくして、私は、自己都合で15年間所属した医師会を辞めました。

私は元々、昔から表舞台は歩めない、裏街道を歩いてきたような人間ですので、特に不自由さを感じることもなく

医療を続けて参りましたが、年齢的にももうこの先長くは仕事は出来ないだろうと思い、

最後ぐらいは、医師会に所属した真っ当な医者で終わりたいと考え、医師会に再入会を申し込み

ましたが、反対され、再入会はかないませんでした。

残念ですが、今まで通りですので、裏街道を歩きながらも、患者様本位の医療をしっかり続けさせて

いただきたいとおもっております。

 

私は今まで一度も長男には、医院を継ぐように強制したことはありません。長男には長男の人生が

あります。ましてや、うちは代々続いた医院でもありませんし、私がゼロから始めた医院ですので

私の代でゼロに戻っていいと考えております。

ただ、身体と頭が動く間は、患者様のために貢献させていただければ幸いとおもっております。

 

連休初日の今日もまず家内の面会に行ってから、

わたしのトレジャーであるローライダーとサイドカーに乗ってきました。

昨年のGWはとてもバイクに乗れるような体調、精神状態ではありませんでした。

今年、こうやって趣味に時間を割くことができるのも、

家内にいい介護を提供してくださっている施設のスタッフの方々のおかげと感謝しております。

有難う御座います。

ハーレーと加美町地鶏親子丼~

2021.04.18

友人との数年ぶりの再会でした。

還暦過ぎた二人で、地鶏で有名な多可町加美区まで

プチ・ツーリングしてきました。

ラベンダーパーク内にある食堂、結構混んでいまして

待ち時間がありましたが、旨い加美町地鶏親子丼にありつけました。

自然、食、いいところですね!空気が澄んでいますね。

帰ってきてから、家内の面会に。

顔色もよく元気そうでした。職員の方から、よく食べられてお代わり

されるのですよ、と言っていただきました。

本当に丁寧な介護、感謝しております!

 

そろそろ趣味を再開してみたいと思います!

2021.04.11

昨年は家内の介護や、私が体調を崩し、とてもバイクに乗れる様態では

ありませんでした。

家内も近くの介護施設に入所出来、一日一日頑張ってくれています。

 

以前は毎日家内の面会に行けていましたが、今はコロナが増え

日曜日と木曜日の週に2回だけにしています。

今日も家内の面会に行った後、少し乗ってきました。

 

来週はハーレー仲間で友人の藤本さんとプチ・ツーリングに行く予定です。

今年は、家内のこと以外に、趣味にも少し目を向けていきたいと思っています。

gototop西脇眼科
なかお眼科 兵庫県西脇市蒲江321-1 TEL.0795-25-2323