当院恒例のオリジナル・カレンダー

最近の記事

月別アーカイブ

院内紹介

当院恒例のオリジナル・カレンダー

2019.08.14

毎年11月から来年のカレンダーを患者様に配布しております。

以前は既製品でしたが、ここ5年はオリジナルなものを作っています。

うちには犬6匹・猫7匹いますので、表紙と12か月分でちょうど13枚カバーできます。

このシータにも登場してもらいます。

すでに印刷屋さんにデータを送っており、校正も返ってきております。

11月初旬からの配布、楽しみにお待ち下さい。

医者も変わる~

2019.08.8

非常に面白い書です。

この書の主役は土橋医師です、玄侑さんが上手く、土橋医師の仏教的背景を

引き出しているようにおもわれます。

かってはバリバリのサージャンであった土橋医師ですが

メスを置いた今では、ターミナルケアー・ホスピスに従事されています。

医者も人間、みんな諸行無常、変わるんですね、

是非読んでいただきたい書ですね。

令和の唄姫!

2019.08.3

いつも仏教書など堅いお話ばかりですので今日は少し違うジャンルを。

高校生の頃はクラシック三昧でした。当時は指揮者にはまっていて200人

ぐらいの指揮者の生い立ちなどは暗記していました。

ピアノ奏者ではマルタ・アルヘリッチのファンでしたね。

社会人になってからは、ケニー・GのサックスにはまりCDを買いあさっていました。

今、通勤の車の中で聴いているのは城南海ちゃんです。

現在、これだけ唄える歌手はいないのではないでしょうか。

奄美民謡出身で、高音で半音裏返るグィンと呼ばれる、奄美民謡のコブシが

特に素晴らしいです。

紅白初出場を願うばかりです。

ささやかなボランティア~

2019.08.1

いままで2匹の犬の里親になったことがあります。

最初は震災後の福島から老柴犬を、その後熊本の天草から雑種犬を

引き取らせていただきました。

すでに2匹ともそれぞれ老衰、病気で亡くなりましたが、十分な世話をしてあげられず

命を繋ぐ最低のことしかしてあげれませんでした。

現在は、家内の病気のこともあり、新たに里親になることはできませんので

後方支援をささやかにさせていただいているだけです。

 

7年前に、野良猫だったチャコをうちの子にして、しばらくして妊娠していることが

わかり、5匹の子を産みました。そのうち4匹はうちにいるのですが

二男の黒猫のキリ君は、生後45日頃に里親様にもらっていただきました。

里親様宅で幸せに暮らしているとのことです。

gototop西脇眼科
なかお眼科 兵庫県西脇市蒲江321-1 TEL.0795-25-2323