「没蹤跡(もつしょうせき)」という生き方

最近の記事

月別アーカイブ

院内紹介

「没蹤跡(もつしょうせき)」という生き方

2018.12.27

今年も最後のコラムになりました。

1年間、わたしのコラムをご覧になっていただき有難う御座いました。

最後はやはり、尊敬する我が玄侑さんの書「日本的」から抜粋させていただきました。

この「没蹤跡」という言葉、わたしが座右に置いている「今を生きる」に通ずる言葉だと

おもいます。

 

足跡を残さないとうことは、死後ばかりでなく、生きているうちから過去を引き摺らない

ことでもある。禅では、過去を引き摺ることを泥亀に喩える。泥だらけの亀は歩いた跡を

甲羅の分まで大袈裟に残す。そんなふうに、自分の過去を人に示してどうなるのかと、禅家では

発想するのである。

最近はブログなど、自己言及と記録を兼ねたような文章をよく見かける。そして「自分は

こういう人だ」と、知ったようなことを書いているのだが、果たして人間はそれほど解りやすい

存在だろうか。熱心な記録や自己言及が、かえって自己をことさらに限定し、苦しめてはいないか。

歴史家にはうつ病が多いと云われるが、それも過去に一貫した解釈を求めすぎるせいだと思える。

現代人の多くは、たぶん情報という泥に浸かりすぎたうつ症状の亀なのだろう。

 

”没蹤跡” 難しい言葉ですが、わたしなりに解釈しますと、「今」に没頭することだと

おもいます。

来年も、仕事においても、家内の介護においても、「今」に没頭して

がんばっていきたいと考えております。

忘年会に想う~

2018.12.3

今日のNHK ニュースチェック11でやっておりましたが、女子社員にとっては忘年会は

憂鬱でしかないらしい・・です。

「女の子は、ばらけて坐って!ってすごく嫌」とか「社長の機嫌をとるのが憂鬱」とか

「今日は忘年会、会社潰れてしまえ」など、忘年会の評価は最悪のようです。

 

当院では毎年、夏に納涼会、冬に忘年会をおこなってきましたが、

昨年まではわたしも出席しておりましたが、必ず、職員たちのテーブルとは別の場所に

私と家内は坐り、職員と顔を合わず、会話もしないようなシチュエーションで行っていました。

今年の納涼会からはわたしは参加せす、きたる忘年会も出席しません。

わたしの愚考ですが、こういった会は、経営者が楽しむものではなく、従業員のかたをねぎらい

楽しんでいただくものではないでしょうか?

院内旅行もしかりです。当院は5年に一度、職員旅行を行っており、過去に、香港、沖縄、

北海道、城崎温泉と4回実施しましたが、わたしは一度も参加しておりません。

院長が一緒に行けば、間違いなくスタッフは気を遣いますし、楽しみが半減してしまうのが

わかっているからです。

「主役は従業員である」と考える経営者がいてもいいんじゃないでしょうか?

わたしはそういうスタイルがすきです。

gototop西脇眼科
なかお眼科 兵庫県西脇市蒲江321-1 TEL.0795-25-2323