終活について

最近の記事

月別アーカイブ

院内紹介

終活について

2017.12.30

今年最後のコラムになりました。今年1年私のコラムをご覧頂いて有難う御座いました。

ご存じのように、わたしのコラムは玄侑宗久さんのお言葉を引用させて頂いたものが多いです。

わたしは座右に玄侑さんの書を置いており、玄侑さんのお考えは正論でしかも深いものです。

玄侑さんは勿論禅宗のお坊さんですが、ただのお坊さんではなく、医学・科学・物理学等に精通され、

それらを仏教に融合して仏道を歩んでおられるような方だと私は解釈しております。しかも

芥川賞作家でもありますので、文章がすごく美しくきれいです。

 

わたしもあと1年で還暦を迎えます。この歳になり終活について考えるようになりました。

終活、すなわち人生の終い方ですが、病院で延命治療を受けて終わることもできますし、

ホスピスなどで心穏やかに終うこともできます。

まぁ、これは最期の最期ですが、それまで身体と頭が元気なうちは、心血を注いで社会貢献できるよう

仕事に励みたいと思っております。

一つの区切りとして70歳までは現役でバリバリ頑張りたいと考えます。そし無事に引退できれば

家内とともに霊峰:伯耆大山の麓に住んで畑を作り、自然に親しみ終いに向けて魂を磨きながら

生きていければ最高の終わり方に繋がるのではないかと思います。

以上はわたしの夢であります。人生、明日どうなるかは分かりません。あまり過去・未来のことを

考えずに「今」を一所懸命生きて老後につなげていければ最高の人生なのかなぁ、とおもいます。

兎に角、あと10年、正しく生きて、また仕事に励みたいと考えます。

 

来年が皆様にとって良い年でありますように祈念いたします。

有難う御座いました。

 

 

gototop西脇眼科
なかお眼科 兵庫県西脇市蒲江321-1 TEL.0795-25-2323