お葬式の意義

最近の記事

月別アーカイブ

院内紹介

お葬式の意義

2017.09.30

今回は玄侑さんと、宗教哲学者で京大こころの未来研究センター教授の鎌田東二氏の対談

「原子力と宗教」の中から抜粋させていただきました。

 

玄侑:被災地のお寺はどこも本当にたいへんでしたよ。お葬式のできない状態になってしまっている

お寺さんもたくさんありました。ただ、ここでもヨコのつながりがものすごく発揮されました。

全国あちこちから手助けがありました。

喪の仕事だけでなく、「作務」的な活動もいろいろ行われた。瓦礫の片付けに道場ごと雲水を

差し向けるといったところもありました。

福島県の場合は、原発からの避難ということがあって、震災後も混乱が続きました。「うちの和尚さん

は今どこにいるんだろう?」ということがわからなくなってしまったところもありました。県の宗教者

連合会によってやっと被災地エリアの和尚さん方の連絡先リストが作成され、今はそこに問い合わせれば

一応全部わかるようになってきましたが。

鎌田:なるほど。さまざまなヨコの連携があった。宗旨宗派を問わず、合同で鎮魂供養して祈りを捧げようと

する動きもありました。

ここ二、三年くらい、「無縁社会」ということがあちこちで言われてきました。「孤族」というような言葉も

出てきました。「葬式は要らない」といった考え方の葬送の簡略化風潮が高まって、都市部においてはそういう

ものに共感する人たちも出てきた。しかし、今回見ていると、日本人の埋葬方法や弔いへの思いは依然として

強いものがあると思いましたね。とくに東北のように人々が土地に根付いているところだったということも

あるでしょうが。

玄侑:こういう事態になってみて、お葬式は要らないなどという話は吹っ飛んだのではないかと私は思います。

葬式というのは、別に死者の生前の功績を称えたり、周囲の人に対する見栄でやったりするものではない。

生き残った者が死者を丁寧に送り出すことによって、明日に向かっていくためのステップにもなる。

あらためてそういうことを感じられた方が多いのではないかと思うのです。

鎌田:葬送儀礼、死者儀礼への見直しがある、と。

玄侑:もちろんすべてがそうだというわけではありませんが。ただ、儀式というものをやることで、生き残った

人たちは心に少しずつけじめがつけられるということがあります。その人の死を受け容れていくことができる。

行方不明になったままというのがなぜ辛いかと言えば、あきらめるべきなのかどうか心が定まらないからです。

仏教にしても、神道にしても、キリスト教にしても、死後の節目節目に儀式をやるのは、もちろん死者の鎮魂供養

もありますが、生きている側が死者を受容するためのプロセスでもあるのだと思います。

そういう意味で、葬式も何もやらないというのは、生きている人間にとって非常に中途半端なことに

なるのではないでしょうか。

gototop西脇眼科
なかお眼科 兵庫県西脇市蒲江321-1 TEL.0795-25-2323