人智の及ばないもの・・

最近の記事

月別アーカイブ

院内紹介

人智の及ばないもの・・

2017.02.23

今日も玄侑さんの「まわりみち極楽論」から抜粋させていただきました。

わたしは玄侑さんの書を座右に置いていますが、玄侑さんのお考えはわたしの生きる道しるべ

になっています。

 

二十世紀初頭に活躍したアインシュタインはこの世界を考えるパラダイム(軌範)を変更させるほどの

業績を残しました。そのバリバリの科学者である彼が、「神はいるとおもいますか?」と訊かれて、次の

ように答えています。「この世のなかをつぶさに見て、これほどの調和が、なにか計り知れない偉大な存在

なしに実現しているとは思えない」って。しかし彼ら物理学者たちは、ゴッドという表現を避けて、

Something Greatと言っています。まあ「この偉大なる何者か」を、人によって地域によって、神と呼び、

仏と呼んでいると思っていいと思います。あるいは老子の「タオ」も荘子の「混沌」や「真」もそうでしょう。

仏教ではこうしたものを全部含めて「仮名(けみょう)」と呼んでいます。

本当のところ、言葉で言い表せない存在だという認識があるわけです。しかし存在というのは表現されないことには

意識化できないですから、多少感じは違ってくるにしても皆それぞれに工夫して表現したわけですね。

「これほどの調和」と物理学者が言う内容は、私たちは詳しく知ることができませんが、例えば簡単なことで言えば

雪の結晶がどうして全て六角形になるのかも人間にはまだ説明ができないわけです。まあどんなに複雑な結晶を

作っても、そこに生命を吹き込むことができない、というのも勿論そうです。

宇宙に行ってきた人々もそうですが、むしろ最先端の科学を学んだ人ほど、人智の及ばない世界に触れる

ことになる。

 

ドイツかオランダの有名な外科医のこのような言葉も有名です。「手術はわたしがする、しかし癒すのは神だ。」

私も30数年医者をやっていますが、やればやるほどこの言葉の重みを痛感いたします。

 

 

gototop西脇眼科
なかお眼科 兵庫県西脇市蒲江321-1 TEL.0795-25-2323