一貫した「私」なんてない

一貫した「私」なんてない

2015.04.29

今日も玄侑さんと鈴木秀子さんの対談の中から抜粋させていただきました。

 

玄侑:あんまり理屈で考えない方がいいんですよね。ものごとの解釈に整合性ばかりを求めないほうがいい。

いつも思うですけれども、聖書っておもしろいですよね。書いている人も大勢ですし、よく言えば幅があって

重層的なんですが、悪くいえば整合性がないというか・・。

鈴木:ええ、そうですね。

玄侑:そのなかで、どこの、どんな記述が自分の目にとまるかも、やっぱり人によって違うでしょう。

そのときの自分の都合だとか、事情だとか、心持ちに触れる部分に惹かれるわけじゃないですか。

仏教だって、無数にある経典というのは、結局、聖書と同じで、整合性なんかありません。だから

私はよく「方便」という言葉を使うんですよ。

鈴木:「嘘も方便」の「方便」ですね。

玄侑:「嘘も方便」と言うとなんだかずるいことのように思えるけれど、けっしてそうではないんです。

「方便」とは役を演じているという意識です。だから「人生も方便」だと思っていれば、その時々で役が

うまく演じられないことはあるかもしれないけれど、「自分」の全体が決定的に否定されることはない。

だって、どんな自分も役に過ぎないんですから。

私だって、一人で原稿を書いているときと、女房と話しているときと、檀家さんと話しているときでは

全然、違うわけです。違うのが当たり前なんです。常に一貫した、変わらない「私」があるべきなんて

思わないほうがいい。

鈴木:誰だってそうですね。

玄侑:たとえば会社で上司にしかられたり、同僚とうまくいかなかったり、取引先ともめたりしても、それは

役の上での出来事に過ぎないじゃないかと・・。

鈴木:人生のすべてに失敗したわけじゃない。

玄侑:ええ。その役は永遠に続くものではないし、自分の人生には別の役も無数にある。夫であったり、

父親であったり、趣味の世界の何かであったり。だから、人生は方便で、いろいろな役を演じ続けていくことだと

考えれば、どこかで失敗があったり、ストレスを感じることがあっても、必要以上に引きずらなくてすむのでは

ないでしょうか。

鈴木:いい言葉ですね。人生も方便。人生がつらくなってしまう人って、まじめすぎたり、理性的すぎたりして

何事も深刻に考えすぎるから、あれもこれもと引きずってしまうのでしょうね。

玄侑:それで鬱病になったりするのでしょう。鬱病になる人の最大の特徴は、自分の中に過去の時間が未完の

ものとして蓄積されていることだと思うんです。つまり、「取り返しのつかない過去」がいっぱい詰まっている。

現在が過去に縛られているんです。

鈴木:だから何をやっても楽しくないし、何をする意欲もわいてこない。

玄侑:でもねえ、ここが大事なところなんですけれど、「取り返しのつかない過去」なんて本当は存在しない

んですよ。だって、時間というものはあくまでも人間が自分の頭の中で作り上げたものでしょう。どんな過去

だって、その時点では「現在」だったんです。私たちが生きている一瞬一瞬は、すべて別々な「今」でしょう。

別々なものに秩序を与えて、並べて、それが時間だと思っているのは、私たちの脳です。私たちが生きている

のは、「今、ここ」の一瞬一瞬でしかない。だから、「あのとき、ああすればよかった」なんて思っても

深刻に悩みすぎちゃいけない。

とはいえ、私たちは社会的な生き物ですから、会社へ行って「昨日の失敗は存在しません」なんて言ったら

大変なことになる。やはり「方便」としての自分を演じなければなりません。

鈴木:会社へ行ったらねえ。つらいところですね。

玄侑:さしあたり、毎朝、目覚めたときに「さあ、新しい一日が始まった。昨日はもう残っていない」と

自分に言い聞かせてみてはどうでしょう。実際、残っていないのですから。少なくとも、白紙の状態で

一日が始まると考えるのは大事なことですよね。私たち僧侶は、そういう境地を一日という単位

ではなく、もっと細かく一瞬一瞬で味わうために坐禅を組んでいるようなものですから。

gototop西脇眼科
なかお眼科 兵庫県西脇市蒲江321-1 TEL.0795-25-2323