便利は不便

最近の記事

月別アーカイブ

院内紹介

便利は不便

2014.01.22

曹洞宗の雄、南さんの書から抜粋させていただきました。

 

「便利さゆえに不便になっている」

個々人の「発想の転換」も迫られています。一度生活水準が上がってしまうと、もう下げられないと

思いがちですが、本当にそうなのか。携帯電話がなければやっていけないと言う人がいるが、やって

みたことがあるのか。携帯電話を手に入れて、生活が本当に豊かになったのならいいでしょう。

しかし、携帯で済むほどの話というのは、実はたいしたことではないのではないでしょうか。

今は、「余計なもの」を省くというよりは、「必要なもの」を省く段階に来ているのです。そういう

発想の転換が必要ではないでしょうか。だからといって、携帯電話をなくそう、と言うのではありません。

資本主義の競争社会でビジネスマンとして儲け話を扱っているような人にとっては、それを持つ意味は

まったく違うでしょう。しかし、ビジネスというのは人間社会のある一面であって、すべてではありません。

多くの人は、携帯電話で済むような話であればたいしたものではないだろう、そう思うくらいの気持ちは

あったほうがいいと思います。よくよく考えてみれば絶対視するほどのものではないはずです。

私自身、携帯電話を持つようになったのはずいぶん遅く、三、四年前からだったと思います。まるで電話に

追いかれられるような感じが嫌でしたし、便利かもしれないが、なくても困らないだろう、というのが当時の

考えでした。この考えはいまでも変わりません。本当に必要な連絡なら、必ずなんらかの方法で伝えるはず

だからです。だから、便利であるにしても、ぜひ使わなければいけない筋合いはないと思うわけです。

便利だけれども必要ない、ということです。

考えとしてはそれでいいのですが、現実に問題なのは、便利なものが便利であるように、普及すると、社会は

みんながそれを持っていることを前提に動き出すことです。そうなると今度は、単に「便利」だったものが

「必要」なものに変わってしまうのです。

ということは、文明社会が限りなく、「便利さ」を追求すると、限りなく「必要なもの」が増えることに

なるでしょう。しかし、世の中「必要なもの」だらけになったら、これほど不便なことはありますまい。

そこで大切なのは、「必要」を判断する基準です。「必要なもの」の増殖に歯止めをかける考え方です。これは

個人の価値観と社会の合意によってしか形成されないでしょう。

実は、環境問題の難しさの本質もここにあります。我々は「便利なもの」を我慢すればよいのではなく、

いまや「現実必要だと思っているもの(思いこんでいるもの)」を捨てる覚悟がいる段階に来ているのでは

ないでしょうか。

 

私も南僧のお考えを支持する向きです。

携帯電話ほど不便なものはないと思っていますし、携帯電話は携帯しないことにしています。

しばらくの間、壊れたままほっておいた期間がありましたが、何か解き放たれた爽快感があり、

このまま直さずに携帯せずにおこうと思っていましたが、家内に「急な連絡がとれない」と叱られ

直しました。まあ、実際、急な連絡なんてほとんどありませんが・・。

また、利便性の代表格である原発は絶対捨てないといけないと考えます。利便性と危険性が

表裏一体であることは経験済みなのに、なぜ? 心(仁)がないからでしょうね。

仁(心)

2014.01.18

私は仏教徒でありながら無宗派ですが、伝統教団各宗派のいいところ、よき考えを取り入れて生きたい

と考えております。各宗派の中でも禅宗である臨済宗、曹洞宗の双璧、玄侑宗久さん、南直哉さんの

書を好んで読んでおります。このお二方の特徴は、「自分とは何か?」「人はなぜ生きるのか?」という

古代から未来永劫に続く”問い”に対し、お釈迦様の教えを忠実に守りながらも新たな科学的な分析を加え

解析し、私たち素人にも理解しやすい言葉で解説して下さっている点です。

昨今のお坊さんや政治家、医者のなかには、心ではなく建前で生きている方が多く見受けられます。

しかしこのお二方は、真の仏教者であると、私は思います。

 

かって聖職(今では死語)と呼ばれた上記の職業も、今ではビジネス化し、かけらも見当たりません。

私は医者で、政治家やお坊さんの世界はよくは存知あげませんが、少なくとも医者になるには

巷では偏差値が高いと言われる医学部に入学しないといけないと言われます。ただ、偏差値の高い生徒とは、

私なりに解釈すると、物事をどれだけ瞬時に暗記し、またそれを瞬時にどれだけ正確に答案に再現できるか

という能力に長けた生徒です。

そこには、仁(心)は介在しません。

しかし、お釈迦様も言われるように、生き難い=苦である人生を乗り切るには、やはり仁(心)を伴った行いが

必須なのではないでしょうか。

医業においては、今では軽んじられている”医は仁術”という言葉を再度噛みしめる必要があるのではないでしょうか。

 

大義名分は、はたして真理か?

2014.01.11

 

私は、昨年3月末で所属する医師会を自主退会したが、それに伴ってお約束事になっている

眼科医会も辞めなくてはならなくなった。私自身は何も不自由ではないのだが、一つ困ったことが

生じた。

私の所の検査スタッフがコメディカル(検査スタッフなど)の講習を受けれなくなったのである。

私や先輩のコメディカルたちが指導すれば問題なく、是が非でも受講しなくてはならないものでも

ないが、また違った角度から知識、技術の研鑽が出来ると考え、応募したかったのである。

 

昨日、眼科医会の担当の理事の先生から電話をいただき、

理事「眼科医会に所属していない施設のスタッフは受講できない。」

私「私が眼科医会に所属していないというだけで、さらに勉強したいという向学心を持った

スタッフが受講したいという権利を奪われなくてはならないのか?」

理事「それを認めると、あなたも忌み嫌っている、眼科医会に所属していないコンタクト診療所

の受講を認めることになる。」

私は”忌み嫌っている”など一言も言った憶えもないし、別に意に介していないので忌み嫌う

必要もないのだが。

私「それならコンタクト診療所にも門戸を開放して、受講させてあげれば勉強になるしいいのでは。」

以下省略。

 

私はこの理事の方に別に恨みはないし、わざわざ電話してきてくださったことをありがたく思っています。

ただ、政治家や医者のお偉いさんはよく大義名分を掲げる。ここでの大義名分は”コンタクト診療所を

受講させたくない”だ。

果たしてこれは真理なのだろうか?確かに私もコンタクト診療所の医療に対する姿勢、理念には

賛成できない。だが、坊主と袈裟みたいに、コンタクト診療所を忌み嫌うばかりにそこに勤めるスタッフ

まで忌み嫌ってもいいのだろうか?そこのスタッフの勉強したいという権利を奪っていいのだろうか?

それに、眼科医会がコンタクト診療所を忌み嫌う理由は私なりに考えると「十分な知識・技術がない

ところでコンタクトを買うと、患者さんの眼の健康を守れない。」という、これまた大義名分の孫名分であろう。

それなら、コンタクト診療所のスタッフのかたの受講を認め、しっかり勉強してもらい技術を磨いていただいたら

安いコンタクトをしかも安全かつ健康に使用でき

消費者が最も喜ばれるのではないだろうか。

これが消費者=患者さんにとってベストであり、我々医療人にとって利他の善行為であり、仁の医術である。

こんなことあんたらも分かっとろうが?小学生でも高学年の子なら誰でもわかるような理屈である。

それなのに上記のような大義名分を掲げて”忌み嫌う”のは、要するに手前のところでコンタクトをより多く

売りたいのだろうか?利他の精神のかけらもなく、利自オンリーだね。まぁ、情けないね・・。

消費者の選択が第一の市場原理社会に逆行するような行為だ。

 

私がいままでに見た、聞いた大義名分の多くは、深くさぐれば真理でないものが多いような気がする。

 

 

 

gototop西脇眼科
なかお眼科 兵庫県西脇市蒲江321-1 TEL.0795-25-2323