心の中で荘子先生に問いかけるといつも「それ、風流だね~」と返ってきます、、

心の中で荘子先生に問いかけるといつも「それ、風流だね~」と返ってきます、、

2021.10.3

終活を考えるような年齢になってきました。

95歳になる親父も少しづつ弱ってきているのをみると

私も今後の老後を考えざるを得ません。

老後を考えるということは今までの生き様を振り返ることでもあります。

私の生き様はとてもいい生き様とは言えませんし、とうとう最後まで表街道を歩けなかった

人生でもあります。

座右に置いている書「荘子(そうじ)」の中の荘子(そうし)さんによく問いかけてみます。

周さん(荘子)は「中尾君、表街道じゃなくてもそれも風流だよ!」と言われました。

「周さん、最後ぐらいは真っ当な医者で終わりたいと思い、医師会に再入会をお願いしたが、

反対されてダメだったよ、、」と言ってみましたら、周さんは「それこそ風流だよ!」

ですって。周さんに風流といわれたら、私も得心します。

「周さん、うちの医院は私が立ち上げた一代の医院だけど、医者してる息子もあまり

継ぐつもりもないんだよ、だから、税理士先生と最終的にはM&Aになると相談してるんだよ」

周さんは「お約束事のように、必ずしも子供が継がなくたっていいんだよ。より風流だね!」

まあ、いいことも悪いことも周さんに相談すると、全部、風流だそうです~。

 

私も長生きしている親父よりもむしろ、56歳で亡くなったお袋に似ていますので

今後そんなに長生きはできないでしょうが、

生きている間、仕事している間は、「今」を大事に、真摯に今に向き合って、

患者様のために貢献していきたいと考えております。

これから遭遇するいろんなことも、周さんのように「風流」と捉えて、

前向きに進んでいきたい。

周さんの「風流」は「プラス思考で生きよ!」という教えだととらえています。

がんばっていきますので、宜しくお願いいたします。

gototop西脇眼科
なかお眼科 兵庫県西脇市蒲江321-1 TEL.0795-25-2323